" /> " />

お酒好きのお酒の備忘録

2018年度のリモンチェッロ

今年もリモンチェッロを仕込んだ。しかもまだまだ青いレモンである。もちろん無農薬、防腐剤不使用のものだ。理想的だ。
今年はデパートの地下で熊本県産のレモンを購入して仕込むことにした。レシピは今まで通りだったが、漬け込む時間が少し長めになってしまった。味を落ち着かせてから味見をしよう。




呑兵衛のエナジードリンク

成城石井でハイボールではなく、ハブボールというお酒を見つけたので購入してみた。原材料を見る限りハブ酒をソーダで割ったものである。以前沖縄の物産展で購入したハブ酒はなかなか美味しかったのでとりあえず購入してみた。
早速開けてみると、薬草の香りが強いが、酎ハイっぽさが目立つ。色は白ワインのようにクリアで、薬草とハブ由来だと思う。味の方はお酒というよりエナジードリンクである。つまり、とても甘口で生薬っぽいピリッとした辛さがある。アルコール度はビールより少し高めだが、甘さのため清涼飲料のように飲める。個人的にはこれはハブ酒ではないが、コンセプトは面白いと思った。



最近火星がよく見えるよね

東京の空は晴れていてもあまり星が見えないなぁ。夏の大三角形を見つけるのが一苦労な中でも最近よく見えるのが火星である。
夜空に因んでというわけではないが、グランドキリンからのギャラクシーホップを飲んでみた。パッケージをよく見るとお馴染みのキリンが望遠鏡を覗いているようで、遊び心も感じるデザインだ。さて、注ぐと少し濃いめのゴールドにしっかりした泡から柑橘系と微かにバナナの香りが立つ。飲んでみるとサッパリとした南国のフルーツにオレンジピールの爽やかな苦味がかすかに広がり、後味はスッキリとしている。基本的に苦味はほとんど感じない。
寒い季節には物足りなく感じるビールだが、夏にはいいビールだ。連日の蒸し暑さを一瞬忘れさせてくれる一杯である。



花火大会行っていないな

週末になると浴衣を着て出かける若い娘たちを見かけるが、花火大会にでも向かっているのだろうか?個人的には人混みは苦手だから蒸し暑い夏はクーラーの効いた部屋でビールを飲むのが一番だと思っている。自分以外にも同類は大勢いると確信している。そんなリアル花火大会に行きたがらない自分は今夜もビールを飲むことにする。オリオンビールからの2018年夏限定醸造「夏いちばん」だ。
軽い飲み口のオリオンビールだが、注いでみると少し驚いてしまった。色が濃い目で、見るからに重厚な感じなのである。本来は飲みごたえのあるビールの方が好きだから歓迎すべきなのだが、今夜は蒸し暑いから軽いのを望んでいた。少し期待を裏切られた気持ちだ。さて、飲んでみると重厚というわけではないが、確かなコクがあって普段のオリオンビールとは全く異なる印象を受けた。個人的には好きな味だが、暑い沖縄でも売れるのかな?と疑問に思ってしまう。結果的にはいい意味で裏切られた。


100年のロングセラー

アサヒビールの限定醸造ビール「100年のこだわり」を買ってきた。パッケージには明治33年の大阪麦酒がアサヒビールを売り出したことが書かれている。当時としては非加熱ビールはまだまだ珍しいものだったと思う。

さて、そんなロングセラーの限定醸造ビールの味の方はどうだろうか。色合いはスーパードライよりは濃いめである。香りは特に特徴は感じないが、味わってみると円やかでコクもある。それに加えてキレもしっかりある。スーパードライはコクがないからあまり好みではないけど、これは好きになれそうだ。



プロフィール

84年生まれの男性既婚者。酒に目がないオタクで研究職。ビール、日本酒、焼酎、ウイスキー、ジン、ウォッカ、テキーラ、ラム、リキュール、カクテルと気分によって飲みたいものは変わる。基本的に家飲みが好き。
ここに飲んだお酒の感想、素敵な酒屋や店、お酒にまつわる話などを載せていく。